eビジネスとは?

eビジネスとは、合意済みのメッセージング規格とメッセージ・タイプを使って、取引パートナーどうしが電子的方法によりコンピュータ間でビジネス・データを交換することを指します。eビジネスにより、紙やファックス、電子メールの交換を伴う手動プロセスが不要になります。

たとえば、顧客の注文管理システムで注文書が作成されると、いずれかのメッセージ規格を通じて顧客からサプライヤへ注文が電子的に送信されます。その後、サプライヤ側のフルフィルメント・システムで自動的にメッセージを受信し、人が介入することなく注文が処理されます。

eビジネスのメリット

  • スピード - 紙や郵便などの手動プロセスを使うよりも、電子的な方法でデータを転送するほうがずっとスピーディーです。
  • 正確性 - 手作業では、どうしてもミスが発生しがちです。電子メッセージングにより、データの手動入力から発生する可能性のあるミスを防ぐことができます。
  • シンプル – メッセージング規格ではデータのフォーマット方法と保存方法が定められているため、同じプロセスを繰り返し明確に実行できます。
  • セキュリティ - メッセージは暗号化され、不正アクセスから保護されるため、ウイルス攻撃を受ける心配がありません。

必要なものは?

  • 電子ゲートウェイ - 電子メッセージを受信し送信するための通信ソフトウェア。
  • 付加価値通信網 (VAN) サービスまたはAS2規格に準拠するセキュアな直接接続による、データ送信機能。
  • メッセージ送信のためのメール・ボックス。
  • トランスレーション・マップを作成してメッセージングとバックエンド・システムを統合するための、リソースとソフトウェア。
  • 取引パートナーと共同でテストを実施するためのステージング環境。
シーゲイトの電子メッセージの設定 >

メッセージ・タイプ

シーゲイトは以下のメッセージング規格をサポートしています。

  • EDI – EDIFACT
  • EDI – ANSI X12
  • ロゼッタネット

また、以下のレポーティング・サービス会社が使用するフォーマットもサポートしています。

  • Zyme
  • Sterling

サポートされているメッセージ・タイプとガイドライン