クラウド・ストレージ・プラットフォーム

Seagate Kinetic Open Storageプラットフォーム

Seagate® Kinetic Open Storageプラットフォームは、初のデバイス・ベースのプラットフォームで、独立系ソフトウェア・ベンダー (ISV) およびクラウド・サービス・プロバイダ (CSP)、そしてエンタープライズ顧客のスケールアウト・ファイルとオブジェクト・ベースのストレージを最適化し、総所有コスト (TCO) を削減します。Seagate Kinetic Storageは、ストレージ・デバイス、Key/Value APIおよびイーサネット接続で構成されています。

Seagate Kineticがオブジェクト・ストレージを簡素化する方法を見る >


ATA、サーバおよびストレージ技術Kineticプラットフォーム賞

ATA加盟企業および業界による審査プロセスの一環として、Kineticプラットフォームは、イノベーション、知的財産、実用化、価値提案、業界や経済に及ぼす影響の各観点から審査されました。

「これは、Kineticのビジョンと機会の市場検証の実例の1つにすぎません」と、Seagateの製品ライン管理担当シニア・ディレクターであるアリ・フェンは言います。「優秀な候補の中から当社が選ばれたことは、この上ない名誉であり、大変嬉しく思います」
詳細 >

Key/Value APIとツールがデータ管理を簡素化

あらゆるスタックへの素早い実装と導入
開発リソースを見る >

ドライブ専用の特長と機能を直接活用

アプリケーション・レベルでデバイスと直接通信
ドライブ・シミュレータおよび開発ツールを手に入れる >

Kinetic APIソース・コードを実際にご体験いただけます。
ご利用の環境に合わせて最適化をスタート >

スケールアウト・ストレージ・アーキテクチャの性能を改善

Seagate Kinetic Open Storageプラットフォームは、従来のストレージ・サーバ・アーキテクチャよりも高い柔軟性を提供することで、優れた性能と容量に加え、ラック密度の向上を実現します。

  • スケールアウト・ストレージ・アーキテクチャの簡素化
  • 旧ストレージ・インフラストラクチャの制約からの脱却
  • 障害と諸経費を削減することでI/O効率性を向上
  • クラスタ管理、データ・レプリケーション、移行および素早いアーカイブ性能を最適化

データ・センターのTCO削減の実現

新しいデータ・センター・アーキテクチャの構築または既存のアーキテクチャのアップグレードに伴う資本支出 (capex) の削減

人為的エラーに伴うハードウェア・リスクの軽減

データ・センターの運営に伴う運用費 (opex) の削減

物理的設置面積に問題がある不動産の活用の改善

ニュースとツールに今すぐサインアップ
開発者ニュースとツール X

以下のフィールドに入力してサインアップしてください

電子メール
氏名(名)
会社名
タイトル